トップページ サービス
新日本ニーズは、長年の経験を活かし、お客様の良きパートナーとしてお客様のソフトウェア開発・保守及びシステム運用に関わる業務に対して、以下のように様々な切り口から支援を行っております。また、品質管理を重視したソフトウェア開発を推進することによって、開発コストの最小化と納期厳守を実現します。

ソフトウェア開発支援サービス

システムエンジニアの派遣・業務準委任

お客様のソフトウェア開発業務における様々な条件に合わせて、当社のシステムエンジニアを参画させます。先進技術からレガシーシステムまでの広い技術範囲、調査分析や要件定義からプログラム製造・テストまでの様々な開発工程で支援が可能です。当社の外国人社員による海外向けシステム開発への参画は特徴的です。

ソフトウェアの作成請負

お客様のソフトウェアの全て又は一部の開発を請け負います。長年の経験により様々なプラットホームでの開発が可能であり、当社のグループ企業を使ったオフショア開発も行っております。

【オフショア開発について】
新日本ニーズでは、1990年から中国IT企業と関係を持ち、オフショア開発を進めてまいりました。
2008年に設立されたグループ会社「桂林安信軟件有限公司」は、グループ全体のソフトウェア製造拠点として、多くの開発実績を上げております。
新日本ニーズのオフショア開発には次の特徴があります。

  1. PM、PLは日本人SEを採用し、お客様とのコミュニケーションを日本人が行うことによって、情報連携、意思疎通の充実を図ります。
  2. ブリッジSEは、日本での開発経験が豊富な日本在住の中国人SEを採用し、オフショア開発の管理・指導の充実を図ります。
  3. 開発初期段階では、中国人SEの来日やブリッジSEの訪中により、標準化や開発規準等の周知徹底を図り、成果物に対しては、当社内(日本側)で受け入れ検査を実施し、品質の低下を防ぎます。

システム管理・運用業務支援サービス

新日本ニーズは、お客様のコンピュータシステム運用・管理に関わる様々な業務に対して要員を参画させます。
また、当社社員及び海外グループ企業による海外現地での作業支援が可能です。

  1. システムインフラの設計・構築及びメンテナンス
  2. システムオペレーティング
  3. システム運用ヘルプデスク